らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

年金の重圧、、、トホホです

今日の新聞記事に
「厚生年金の標準報酬月額の上限引き上げ」の
話題が載りました。

給与計算に詳しくないと
分かり辛いかもしれませんが、

厚生年金は、加入者の給与を等級別に
細かく区切って保険料を徴収します。

月額の高い等級の方ほど
高い金額を徴収されます。

現在は、月額62万円の等級が
いちばん高い等級になり
それ以上の方は、
実際の月額がいくらでも
等級も納付額もかわりません。

これを、もっと高い等級も
用意して
納付額、徴収額?を増額させようと
いうのが目的のようです。


すでに、健康保険の制度に関しては

121万円の等級まで増えています。

これを、厚生年金にもあてはめようと
いうことなのでしょう。

もちろん、大半の方は、月額62万円未満で
あることが多いでしょうから
影響のない方が多いでしょうが

高額所得者にしてみれば

所得税
住民税
健康保険
厚生年金

すべてが高いですし、
取得税のように税率が高くなるものもあります。

言ってはいけないかもしれませんが
困ったことに
勝手に制度変更してしまうし
高いから「やめたいです」という自由がない!

払わないと悪者になってしまいます。

勝手に徴収方法や額を変更し
勝手に支給年齢まで変更しても
止めることができないのに

やめる自由がない

どうしたら逃れられるのでしょうか?
という話しをまわりから聞くことがあります。

国の事情も分かりますが
国民の不満も、当たり前かもしれません。


生命保険会社が
これをやったら
大勢が解約するでしょうね。


大変、かなしくなるニュースでした。

トホホ、、、です。




Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved