らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

裁判員制度は、、、

最近の裁判で
練炭殺人が話題になっています。

検察側は、死刑を求刑していますが

どのような判決になるのでしょう?

この裁判にも
裁判員が参加しています。

一般人が裁判に参加し
判決に係わるのは
かなり、しんどいことだと想像します。

国民の多くの方に
依頼がくる可能性があります。

いつ自分に裁判員の要請が
届いても不思議がない状況です。


自分に、前述のような難しい
裁判に係わるように求められたら
どのように考えるのだろう、、、


裁判員の務めを果たした方の
インタビューでは
難しい判断で眠れないこともあったと
話していましたが
当然だろうと思います。

犯罪がないことが一番なのですが

それが一番現実的でないことも
わかります。

虫の良い話ですが
できれば要請が来ないことを
願うのですが、、、

裁判員を
引き受けてくださっている方に
敬意を表したいです。




Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved