らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

生活保護の問題は根が深い

人気芸人さんの
生活保護不正受給疑惑が
取り沙汰されています。

わたしは
法律の専門家ではないので
芸人さんの件が、
どうこうは言えないですが、

生活保護の受給者が
年々増加傾向にあることは
問題だと思っています。

不況のせいもあるでしょう
中には、不正受給の人もいることでしょう。

だいぶ前から不正受給の話は
聞くことがあります。



身内がだれもいない方は別にして
親族がいる方は
生活が困窮したときに
親族が支えることが自然です。

でも、それができない事情が
いろいろとあります。
本人抱える問題がそれを招くこともありますし、
親族側が困窮していて
助けられない場合もあることでしょう。

もっと複雑な事情も
たくさんあるに違いありません。

ほんの少し考えただけでも
根が深い問題で
本当に助けなければいけない人は
誰なのかという判断は
簡単にできるものではない気がします。

ただ、ニュースなどで
受給者が、パチンコ店の前に並んで

「生活保護をもらったから来た、、、」

といった言葉を聞くと
残念で悲しくて、やりきれない思いがします。

偽装離婚をしてまで
受給している人や
受給しながら収入があることを隠している人
などなど

「渇すれども盗泉の水を飲まず」

ということわざがあります。

いくら苦しく困っていても、
不正、不義に汚れることを嫌い、
身を慎むことなのですが、、、



偉そうなことはいえないですが、

もっと困っている方に
お金を役立てて欲しいといった
考えを持っていただけると、、、

と、願ってしまいます。


難しいですよね、、、




Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved