らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

感染症などによる就業禁止について

会社は、従業員が多くなればなるほど
確率として
だれかが
感染症などに罹る可能性が
高くなります。

よく聞く感染症は、
インフルエンザでしょうか。

感染症に感染した従業員の
就業を禁止できるかどうかは、

労働安全衛生法と
感染症予防法が関係しているようです。


法律の細かい内容は
ここで論じませんが、

個人的な理解で
ひらたくいいますと

法律で定められた疾病にかかった労働者は
就業を禁止しなければならない。
ただし、医師による判断が必要。


ということでしょうか。

それを、越えて就業を制限する場合は、
休業手当の支給が必要となる。


おおざっぱではありますが、
このようなことと理解しています。

最近は、人へ感染する鳥インフルエンザや
PM2.5の危険など
私たちを脅かす要素が
多くなっています。

風疹が流行しているという
ニュースも聞きます。


病気に罹らないことが一番ですが、
経営者、管理者の方は
本業以外に苦労するところです。











Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved