らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

稲穂が実ってき始めました

弊社は、栃木県日光市に
流通センターがあります。

日光と言うと
やはり田畑が多く
センターの近くにも水田があり
5月ごろ田植えが 行われたと思ったら
徐々に稲が育ち
いつの間にか
青々と緑生い茂っています。

8月後半に入ると
稲穂が実って頭を垂れはじめ
9月になるとさらに実って
色合いも変わり
垂れる角度も深くなる

「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」

何度も聞いたことわざですが
なかなか
実行は、難しいものです。

歳をとる、経験が増す、立場を得る、、、
どんどん、
うなじが固くなり
謙遜になることが難しくなる

すべてのことに頑固ということはあまりなく
ほとんどのことに柔軟に対処できるのだが
ある部分に関して
簡単に譲れない、曲げられない
ということがある

勿論、信念が必要なこともあるのだから
折れないというだけで
頑固者というレッテルを張るわけにはいかない
物事には どちらが正しいと
分からないことも多いわけで
少数派が正しい・より良いということもある

日本の戦争なども
一例かもしれない。

本当に人間の営みは
難しいのだが
だからこそ、
楽しいのかもしれない
そう、思わなきゃね♪



そういえば 9月に、
「謝罪の王様」という映画が
あるらしく
コメディらしいのだが

もっと謝罪が上手くできたら
人生豊かになるかなぁ、、、と思い 
ぜひ、観たいと思います。

参考になるか、分かりませんが(笑)

 

Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved