らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

生活保護不正受給について

たいへん残念な話しですが

平成24年度の生活保護不正受給が

およそ4万1000件190億円以上で

過去最悪という


NHKニュースが流れていました。



実態は、もっと不正受給がある可能性も考えられます。


生活保護が必要と思える方が
受給せずに、なんとか頑張っている場合もある一方、


本当に必要とは言えない
上手に受給者になった者が
資産を隠して受給を続けている、、、残念です。


中には、受給した生活保護費をギャンブルに
すべて使ってしまう人もいると聞きます。


本当に残念です。


不正受給を見つけるためのGメンと呼ばれる方々も
たくさんおられるらしく
大阪だけでも80名以上いると報道されていました。


さらに残念なことは、その80名余のGメンでは
人手が足りないと
報道されていたことでした。


一度、不正受給をしてしまうと
甘い汁を吸うようなもので
その状態から抜け出せなくなってしまう


本当に必要な方のために
生活保護不正受給は
なくなって欲しいと、切に切に願っております。








Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved