らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

満足するということ

欲望というのは限りがない
とよく言われます。

金銭に関しても
地位や名誉に関しても
自分を取り巻く環境や状況に関しても

足るを知る

ということは、とても大切なことと感じます。


満足というのは
その人の心が決めることでもあり、

一人ひとりの尺度が一致している訳でもないわけで、

ある人は、小さく思えることで満足し

別の人は、満たされていそうなのに、満足していない

満足を得られた方が、幸福だと思うのだが
口をついて出る言葉は、不平じみたものとなる、、、


残念です、、、



中には、不満足のタネを探しているかのように

不満足な点が満たされても
次の不満足を述べてしまう、、、

そんな方もいます。


満足が、心の状態であるなら
本人が見方、考え方を変えない限り解決がありません。


一方、どう見ても逆境の中にいると思える方が、
満ち足りた様子で生活していることもあります。

こんなに、不幸と思える状況が続いている、重なっている、、、
なのに
幸福に満たされたような、表情で暮らしている、、、


そのような方々に共通しているのは、

不幸な点、不満足な点を小さく見るか、とらわれない、
逆に、満足できる点、幸福と思える点に注目し、
むしろ感謝の心に満たされて生活する。

といった点なのかもしれません。


言うのは、簡単ですが、なかなか実践するのは
簡単では無いものです。

人生、折り返し地点も遥か前に過ぎているはずなのに
まだまだ未熟だなぁ(^^ゞ










Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved