らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

マイナンバー制度が、給与事務に及ぼす影響

マイナンバー制度によって
給与計算業務の作業が増えます。

まず、マイナンバーを収集・保管しなければなりません。


マイナンバーが必要な各種届を作成するために
従業員や扶養者などのマイナンバーを収集しなければなりません。

マイナンバーの収集時は、
本人確認をしなければなりません。
もちろん、収集したマイナンバーが
その人のものであることも確認しなければなりませんし、

マイナンバー情報や
本人確認のために提出してもらった
免許証のコピーなども

その辺に置いておくことはできません。

きちんと保管しないと
情報漏えいにつながりかねません。

鍵の掛かる書庫などで
きちんと保管しないといけないことになると思われます。


また、必要が無くなれば、
保管していてはいけない情報でもありますので
退職などがあった場合は、
書類保管の法的期間が満了したなら
速やかに、適切な処分をしなければなりません。


さらに、誰もがマイナンバーを取り扱うことが
出来るようにすることも危険です。

マイナンバーを取り扱う担当者を明確にして
その方のみが、扱うように取り決めて行く必要もあります。


マイナンバーのメリットもあると思いますが、
導入後、しばらくは、事務作業の増大が予想されます。


マイナンバーもあんしん BSLの給料らくだ!


Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved