らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

日本に住めることを感謝してます。

昼のニュースで見たのですが

タイで、500万円のタクシーに忘れた日本人に
お金が戻ってきたというニュースでした。

忘れてしまった方は、
あきらめるしかないと
覚悟していたようですが、
お金が戻ってきたことに
とても喜んだことは、言うまでもありません。

残念ながら
わたしが海外でタクシーにカバンを忘れたときは
戻ってきませんでした(^^ゞ
(もちろん、500万円ではありません)


比べることはできないですが、

20代半ばのころ
国内で、財布を落とした時に

拾った方が、
わたしの住まいまで
届けに来てくれたことがあります。

財布に入っていた免許証で
住まいが分かったのですが、

今の時代ですと
個人情報だし、家まで来るのは、、、
と言った見方もあるのかもしれませんが、

その時は、
素直に嬉しかったですね。
わざわざ来てくれたことに深く感謝し
厚くお礼を申し上げました。

その方とは、
その後二度と会うこともありませんでした。

親切な人がいるなぁと

わたしも、親切であるように励まされました。
良い時代だったなぁと思います。

個人情報の件はさておき
今でも、正直で親切な日本人の気質は
保たれているようです。

お金の落し物が届けられる金額は
年間33億円以上もあるらしく
日本人として育ち
日本に住めることを感謝してます。



身の回りのエピソードですが

ここ数年は
年齢のせいか忘れ物が多く
機械式の駐車場に
部屋の鍵もついている
駐車場の鍵を差したまま、
忘れてしまうことが多いのですが

必ず、戻ってきます。

忘れるわたしが行けないのですが
おっちょこちょいなんですね(^^ゞ

もちろん
わたしが差しっぱなしの鍵を
係に届けることもあるのですが

いつも、鍵が戻ってくるたびに
みなさんに感謝の思いを噛み締めております(^^ゞ

正直、親切、、、大切にしたいですね。











Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved