らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

企業のマイナンバー対応  最初にすべきこと 

マイナンバーのCMも
頻繁に見かけるようになり
平成28年1月から制度が始まることは
認知が高まって来ていますが

その中身が分からなくて
企業が何をして良いのか
分からないことで、
不安を抱えている企業も多いようです。


マイナンバー制度の開始で
企業は、どんな準備をすれば良いのか?


まず最初にすべきことの一つは!


自社にとって、

「マイナンバーを必要とする事務を洗い出す」ことです。

このように書くと

「えっ、従業員のマイナンバーだけじゃないの?」

と仰る雇用者もいるかもしれません。


ですから、洗い出す必要があるのです。

ざっと、挙げても

役員・従業員のマイナンバー
(扶養者のマイナンバーを含む)

報酬支払先のマイナンバー
(税理士、社労士、講演者などで、支払調書を作成する相手)

不動産などの支払先のマイナンバー
(上記以外の支払調書を作成する相手)

配当をする株主などのマイナンバー

などなど

各企業が、自社に関係するマイナンバー事務を
洗い出すことから始めないと、
必要な作業の全体が掴めないことになりかねません。


ぜひ、今から始めましょう!


------------------------------
マイナンバーに対応する
BSLの「給料らくだ」「かるがるできる給料」をよろしく

「マイナンバーあんしんキャンペーン」は、こちらへ
http://www.bsl-jp.com/store/campaign/20150401m/







Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved