らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

企業のマイナンバー対応 最初にすべきこと その2

(フォントが小さいので少し大きくします)


前回は、


企業のマイナンバー対応で
最初にすべきこととして

「マイナンバーを必要とする事務を洗い出す」ことを

提案しました。


次に行うこととして、
各種の規定などを整備、
また作成することなのですが、

企業規模により、
必ずしも必要とは限らないので
あとで説明するとして保留します。



ここでは「最初にすべきこと その2」
「 事務取扱担当者の選任 」を

考えましょう。


マイナンバーは、
個人情報として重要性が高いため
マイナンバーに関係する事務取扱担当者を
選任することになっています。

また、事務取扱担当者が複数いる場合は
事務取扱責任者も選任することになります。

人数の少ない企業であれば
社長がのみが担当者であることも考えられますし、

経理等の方が担当者で、
社長が責任者という企業も
十分に考えられます。

とにかく、マイナンバーを扱う事務は
場当たり的に誰かが行うのではなく
選任された担当者が行う必要がある。
ということを理解し準備することが大切です。



------------------------------
マイナンバーに対応する
BSLの「給料らくだ」「かるがるできる給料」をよろしく

「マイナンバーあんしんキャンペーン」は、こちらへ
http://www.bsl-jp.com/store/campaign/20150401m/









Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved