らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

企業のマイナンバー対応  スタートから混乱?

マイナンバーが平成27年10月より
各世帯に届きます!

というアナウンスが始まってから
もう、12月中旬になろうとしてますが
まだ届いていない世帯もあるようです。

作業の見積もりが甘いと
言ってしまえば、それまでですが、
いろいろ事情があるのでしょうね。


政府も国民世帯のどのくらいが
不在で再配達がどれほど大変になるかの
調査はしているはずです。

それでも、
スケジュールを守らなければいけないですし

辛いところなのでしょうね。

とにかく、
いまだに届いていない方も
おりますので
企業側も困っているかもしれません。


企業としては、年末調整の時期でもありますので
「扶養控除申告書」や「保険控除申告書」を
従業員に配布し、「平成28年分 扶養控除申告書」に
記入されたマイナンバーを収集することが
一般的な方法となります。

というのは、
扶養控除申告書でマイナンバーを収集すれば
本人確認は省略することが可能になります。
何故なら、扶養控除申告書は、受給者が雇用者に
提出するものですから、雇用関係が明確であるため
あえて本人確認する必要がないと解されるためです。

また、扶養控除申告書に記入された扶養者の
マイナンバーは、受給者本人が本人確認をすべきもの
ですので、企業側は、本人確認する必要がないからです。


そうではありますが、、、

マイナンバーが、届きませんと扶養控除申告書の
提出が遅れたりすることで、
年末調整作業が遅れてしまうことも
ありえます。

その場合は、保険控除申告書を先に提出してもらい
「平成28年分 扶養控除申告書」は、
後日提出してもらうことが良いのかもしれません。


余計なお世話ですが、
扶養控除申告書を提出いただくときは、
封筒などに封入して受け渡しする方が
事務取扱上、望ましいと言えます。

BSLの場合は、
給料ソフトのメーカーでもありますので

扶養控除申告書専用の提出者の氏名が見える
窓開き封筒を用いて
受給者の皆さんに提出いただいています。

初めての制度でもありますから
まだまだ、様々な問題が
噴出するかもしれません。


今年は、マイナンバーに関して
取得や保管が中心で
皆さんにお伝えしてきました。

平成28年は、いよいよ
マイナンバーの利用が始まります。

今後は、さらに実務的なマイナンバー情報を
みなさんにお伝えできれば幸いです。


株式会社BSLシステム研究所
 代表取締役社長 小野 秀幸





Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved