らくだの社長の独り言

「らくだ」の小野社長(小野秀幸)が思いついたことを語ります。 良かったらおつきあいを・・・

働かない、働きアリ


「働かない、働きアリ」について

今週、発表があったようです。

働きアリは、
一生働くのかと思っていたら
実は、違っていたようで、

全体の約2割程度は、
働かないらしく

では、怠け者なの?
かと言えば、

そうとも言い切れないらしく

働いているアリが
つかれて休むと

働かないアリが
働くようになるらしいです。

交代要員と考えても良いのかもしれません。

アリを組織として考えたとき、
余裕をもたせることで
全滅を防ぐということが
関係しているらしく

またひとつ
自然界から学ぶことができました。


興味深いのは、

働かないアリだけを
集めてくると
8割のアリは働くアリに変わり

働くアリだけにすると
2割は働かなくなるということで

ものの本に、
「アリは、本能的に賢い」と言われている通りです。


さらに興味深いというか
人にはすぐに納得できないかもしれないことが

働き続けるアリより
休んでいるアリの方が、長生きであるという点です。

「勤勉に働く方が、早く死ぬの?」
「じゃあ、怠けた方がいいじゃん、、、」
という声が聞こえて来そうです(笑)

ところが、アリは、そのことに不公平感を感じない
ということも言われていました。

働かないこと、休んでいるアリがいることに
不公平だとも、羨ましいとも思わないということですね。

これも、本能的に賢いといえます。

アリは、休んでいるありを「怠惰な者」とは
見ていないということでもありますし、

実際、働くアリが減れば、
休んでいるアリが働くわけですから、
いつでも働けるようにスタンバイしているともいえます。

野球やサッカーなどのスポーツでも
怪我や不測の事態などに備えている選手もいるわけですし、
長いシーズンを戦い続けるためには
交代要員が必ず必要で、
交代要員のいないチーム(組織)は
長続きしないだろうことは、
容易に想像できます。

ですから、休んでいるアリは、
「怠惰な者」ではないと思うのですが、
アリと会話ができないので本当のことは分かりません(笑)

組織を導く必要があるものとして、
とても参考になるものでした。


別件ですが、アリのコロニーは、
メスのみという情報も同時に得ました。

オスは、子づくりの時だけ活躍するだけで
働きアリは、メスだけで組織、
運営されているということらしく、

これに関しては、
世の中の女性から、
いろいろと意見が出そうな気がします。

わたしの私見ではないですので
ご了承ください(^^ゞ








企業のマイナンバー対応 保存義務の緩和

マイナンバー制度が始まりましたが
今のところ
利用する場面が少ないため
混乱は、無いようです。


平成28年1月からの扶養控除申告書は
ほぼ昨年度の年末調整処理時に
収集されたと思います。


弊社も受給者全員から収集いたしました。


この書類は、
7年間の保存義務がありますので、


平成28年(2016年)収集の書類は
平成35年(2023年)まで保管することになりますが、


マイナンバーの記載がある場合は、
保管義務を満了した後
速やかに廃棄する義務が生じてきます。


毎年、そのようにするのは、
面倒だと思ってましたら、


なんと


義務を緩和できる道が開かれました(笑)


国税庁のQ&Aに

給与支払者と従業員との間での合意に基づき、従業員が扶養控除等申告書の余白に「個人番号については給与支払者に提供済みの個人番号と相違ない」旨を記載した上で、給与支払者において、既に提供を受けている従業員等の個人番号を確認し、確認した旨を扶養控除等申告書に表示するのであれば、扶養控除等申告書の提出時に従業員等の個人番号の記載をしなくても差し支えありません。
(抜粋)

という記述を見つけました。

扶養控除申告書を提出するときに
申告書の余白に

例えば、「提供済みの個人番号と相違なし」

と記述するなら
マイナンバーを書かなくても良いわけで

そうなると
マイナンバーを書いてない申告書は
7年の保管後も
速やかに廃棄する義務がなくなるので

管理が軽減されることになります。

これは、会社の事務においては、朗報です。



マイナンバー制度は、
始まったばかりです。

これからも、
実際の現場の実情に合わせて
簡素化されることも
増えるように思います。


引き続き、情報(朗報?)を
皆様にお伝えできれば幸いです。






謹迎新年 2016年となりました

新しい年を迎え
旧年中のご愛顧に感謝申し上げるとともに
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


いつものように
過ぎて見ますと
あっという間の休暇でした(笑)

1月4日からの仕事始めでしたが、
最初からトップスピードで
走っているように感じます。

現役で働いているうちは
そんなものなのかもしれないと
思いますが、

そうではあっても、
流されて仕事をするのではなく

目標を持って働く方が
成し遂げることが多くなるはず。


そう言い聞かせて
自分を鞭打って、頭をひねり、
出てきたのは
「コミュニケーションを深める」
ということでした。

当たり前で、
シンプルかつ基本的過ぎる目標ですが、

自分ができているのか、、、と言えば
そうと言い切れず
むしろ、鈍感な自分に気が付くわけで、
50歳も過ぎて、
還暦に向かっているにも拘らず
情けない限りです。


一口にコミュニケーションと言っても
捉えどころがないものですが、

相手に誠実な関心を持ち
相手の尊厳を重んじ
相手を爽やかにして
また、話したい、
あるいは
いつでも気軽に近づける

そんな、コミュニケーションは
今のわたしでは無理です。

そのように思うと
今まで、何十年も生きて来て
何をやってきたのだろう
まだまだ未熟だなぁ、、、と
反省しきりです。

皆が、そのように考えるなら
諍いが減ったり
モラルの問題も減るに違いありません。


人のことより
まず自分ですから
「隗より始めよ」ですね。


という訳で
コミュニケーション力をあげるため
今年は努力してみたいと考えております。


年末に、一年を振り返って
成果を吟味してみたいと思います。



皆様にとっても
実りのある、良い年となりますよう
心より願って
ご挨拶とさせていただきます。


本年も、何卒、宜しくお願い申し上げます。


       株式会社BSLシステム研究所
        代表取締役社長 小野 秀幸


        



企業のマイナンバー対応  スタートから混乱?

マイナンバーが平成27年10月より
各世帯に届きます!

というアナウンスが始まってから
もう、12月中旬になろうとしてますが
まだ届いていない世帯もあるようです。

作業の見積もりが甘いと
言ってしまえば、それまでですが、
いろいろ事情があるのでしょうね。


政府も国民世帯のどのくらいが
不在で再配達がどれほど大変になるかの
調査はしているはずです。

それでも、
スケジュールを守らなければいけないですし

辛いところなのでしょうね。

とにかく、
いまだに届いていない方も
おりますので
企業側も困っているかもしれません。


企業としては、年末調整の時期でもありますので
「扶養控除申告書」や「保険控除申告書」を
従業員に配布し、「平成28年分 扶養控除申告書」に
記入されたマイナンバーを収集することが
一般的な方法となります。

というのは、
扶養控除申告書でマイナンバーを収集すれば
本人確認は省略することが可能になります。
何故なら、扶養控除申告書は、受給者が雇用者に
提出するものですから、雇用関係が明確であるため
あえて本人確認する必要がないと解されるためです。

また、扶養控除申告書に記入された扶養者の
マイナンバーは、受給者本人が本人確認をすべきもの
ですので、企業側は、本人確認する必要がないからです。


そうではありますが、、、

マイナンバーが、届きませんと扶養控除申告書の
提出が遅れたりすることで、
年末調整作業が遅れてしまうことも
ありえます。

その場合は、保険控除申告書を先に提出してもらい
「平成28年分 扶養控除申告書」は、
後日提出してもらうことが良いのかもしれません。


余計なお世話ですが、
扶養控除申告書を提出いただくときは、
封筒などに封入して受け渡しする方が
事務取扱上、望ましいと言えます。

BSLの場合は、
給料ソフトのメーカーでもありますので

扶養控除申告書専用の提出者の氏名が見える
窓開き封筒を用いて
受給者の皆さんに提出いただいています。

初めての制度でもありますから
まだまだ、様々な問題が
噴出するかもしれません。


今年は、マイナンバーに関して
取得や保管が中心で
皆さんにお伝えしてきました。

平成28年は、いよいよ
マイナンバーの利用が始まります。

今後は、さらに実務的なマイナンバー情報を
みなさんにお伝えできれば幸いです。


株式会社BSLシステム研究所
 代表取締役社長 小野 秀幸





働く人の暮らしのために「給料らくだ」

BSLは、
給与計算ソフト「給料らくだ」を発売しています。

既に、発売20年目に入り
実に多くのお客様に
ご利用いただいております。

BSLの給与ソフトは、
売上本数ランキングでも、
年間No.1に、8年間なっています。


年商100億円を超える競合会社もあるなかで
弱小のBSLの業務ソフトが
これほど売れるのは奇跡です。

勿論、前述の企業はBSLを競合会社とは
思ってないでしょうし(笑)
業績を奇跡と言ってしまうのは
社内のモチベーションが下がりますね(反省)


でも、奇跡と思えてしまうほど
経営者として驚いているというのは本当です。


もちろん、良い業績の背後には
その結果に至る理由もあるわけで、


数ある理由の一つは、
「お客様への思い」にあると考えています。




「給与ソフトは何のために存在するのか?」




哲学でも禅問答でも、ありません(笑)

このことを考えるのはメーカーとして
大切と心得ています。

業務ソフトは、
「売れた!儲かった!」だけでは
続きません。
そのような会社は、早晩姿を消して行きます。

ご購入いただいたお客様(事業者様)と
永いお付き合いをさせていただくことを
念頭に置くべきと考えます。

さらに、その先にあると考えているのは

お客様が給与ソフトを使うのは
給料計算のためであること

さらに、

受給者の方々に
給料を支給するためであること

突き詰めると

受給者(働く人々)の暮らしのために
給与ソフトはあると。

そのように理解しています。


「働く人の暮らしの為に」という
キーワードを用いると

給与ソフト「給料らくだ」の重要性や
存在意義が明確になります。

「働く人の暮らしの為に」
  「給料らくだ」は、正確であること

「働く人の暮らしの為に」
  「給料らくだ」は、使いやすいこと

「働く人の暮らしの為に」
  「給料らくだ」は、制度に素早く対応すること

「働く人の暮らしの為に」 ...etc.


もちろん、このように突き詰めて
考えなくても、
ソフトを売ることが出来る会社はあるのかもしれません。


ただ、BSLは、
「働く人の暮らしの為に」と、
給与ソフトを開発・販売していて

それが、お客様の琴線に触れて
ご愛顧を賜っているのではないかと
日々感謝しております。


青臭い考えなのかもしれませんが
この姿勢が、
これからもぶれない様に
社員一同、邁進したいと存じます。



 
働く人の暮らしの為に「給料らくだプロ7.5」



Copyright ©  -- らくだの社長の独り言 --  All Rights Reserved